検索
  • Marinity

女性が男性に求める愛のお話♡






















男性から「もっと愛されたい」「私だけをみて欲しい」と思う女性は多いでしょうが、

男性と女性のメカニズムを観た時にですね

女性がいくら男性に求めても

自分が満たされるほどの愛を男性から得れることは

不可能に近いです。

例え満たされたとしても、一瞬でしょうし、すぐに枯渇してしまうのです。

そして肉体の交わりがないとなんだか不安になって、

「私は愛されてないのでは?」「自分には魅力がないのかな?」と感じたり、

それによって気持ちが揺さぶられる女性は多いですね。

女性の欲する愛は、男性が与えて済むようなモノではありません。

こういうと女性がとても欲張りに聞こえてしまうかもしれませんが、そういう話でもないのですね。

それは、女性が「子宮」を担っているからなんです。

(本来子宮は、男性のものでも女性のものでもなく、

その男女の狭間にありながら、女性の肉体が受け持っているので、担っているという言葉を使ってます)

多くの女性の子宮は、エネルギー的には、まだまだ肉体に閉じられたものとしてあり、

冷えていたり、硬くなっていたり、病気を患っていたりする状態もありますが、

子宮は本来

無条件の愛としての姿があります。=無条件の愛の子宮

無条件とは無限そのものでありそれはです。

だから女性は、本来交われるべき愛を無意識に知っていて求めていて

でもまだ無条件の愛と交われず、自分の子宮でもそれを感じれないから

目の前の男性に、自分を満たす「愛」を求めてしまうワケなんです。

ですが . . .

無限からしたら、ちょっとばかしの男性からので満たされるでしょうか?

どう考えても無理だって思いますよね。

だから、彼氏を乗り換えても、浮気や不倫をしても、女性は誰かで満たされることはないんですね。

(買い物や仕事に求め続けても同じです)

そのくらい、女性が求めるものは、深く

その分、無条件に交われる愛も大きいワケなんです。

女性が本当の愛に目覚めること

無条件の愛の子宮を生きること

あげる愛でももらう愛でもなく

人と人との狭間、男性との狭間に存在する無条件の愛に目覚め

永遠にあり続ける愛を互いが無条件の愛をシェアし生きていくこと

これが女性が子宮を担う役割であり

無条件の愛に満たされ生きる生き方です。

*+*+*+*+*+*


無条件の愛の子宮については、ボディラブトリニティセミナーで

学び受け取ることが可能でする。


*+*+*+*+*+*






8回の閲覧0件のコメント