5 Soul Color Types

生まれ持った魂のタイプと肉体(子宮)にある課題

魂タイプが黄色の人

活性化タイプ3月21日〜6月2日

魂的には常に刺激を求めて、キラキラするものやワクワクすることが大好き♡

ポジティブ思考で、ネガティブなことは言葉にしたくなく、光を求め闇を避ける傾向にあります。

自分の世界観をとても大事にしている人。

 

誰かをプロデュースしたり、その人らしさを育てるのが上手ですが

エネルギーが自分に向いてしまうと、色んなことが空回りしやすい。

また自分と他人の境界線が強く、シェアや交わることを苦手とします。

肉体(子宮)には憤り不信感、抑圧が溜まりやすく、それがピークを超えると理不尽な争いが起きやすくなります。

 

魂タイプが緑色の人

チャレンジタイプ6月3日〜8月16日

魂的に、常に修行僧のように向上を求めていて、何かを学んだり極めるのが大好き♡

こだわりが強く、その道をとことん追求するタイプ

ちゃんとしたい、ちゃんとやりたいという自分に求めるレベルがとても高いです。

物分かりが良く賢い人が多いですが、思考で生きているようなタイプが多いです。

感情を刺激されたり平常心を乱されるのをとても嫌がります。

感情に蓋をしてないふりをしているものも多いです。

人のために動く時とても大きな力を発せれます 。

 

 肉体(子宮)にあるテーマは、

頭で生きているので 、カラダは頭に支配されている状態

恐れや悲しみ、怒りなどが溜まりやすく、性に対する闇を抱えやすい。

 

魂タイプが青色の人

サプライズタイプ8月17日〜10月28日

直感 や インスピレーション を大切にして生きている人

引き寄せやシンクロが日常の中にあって、起きたことを話すのが大好き

また何かにつけて、0か100か白黒はっきりつけてジャッジしたがるタイプです

扱えるエネルギーが大きいので、使い方を自分だけに向けてしまうと自己中毒になりやすい

人生は極から極を生きるタイプですが、幸と不幸の二元性を超えて生きるのが人生においてのテーマとなります。

 

肉体(子宮)にあるテーマは、

肉体(子宮)には罪悪感、後悔、不安がたまりやすく、ピークを超えると、非常で冷静なジャッジをしやすくなります。

 

魂タイプが赤色の人

自己成長タイプ10月29日〜1月7日

常に「自分らしさ」を求めていて、自分を主役にすることから全てが輝きはじめるタイプ♡ 

受け取ることに制限があって、良いことは受け取りたいけど、嫌なことは一切受け取りたくないし、見たくもないという制限が強い。

何かにチャレンジしたり頑張ることに大きくエネルギーを使えるタイプ

人との分離感も強いが、素直な人が多い

頭と肉体の分離が強く、病気や体を壊すことでエネルギーを発散させる人が多い。

 

肉体(子宮)にあるテーマは、

肉体(子宮)には不幸、不運のネガティブな引き寄せのエネルギーがたまりやすく、それがピークを越えると破壊衝動が起きやすくなります。

 

魂タイプがオレンジ色の人

共同創造タイプ1月8日〜3月20日

常に他者との共有や共感を求めていて、どの場でもスーッと馴染んでしまうタイプ

話が聞き上手で控えめで優しい人が多い

自己価値が低く主役になることは苦手だけれど、グループの中で存在感を放つなど、独特な個性の持ち主が多い

何かを頑張っている自分やそれによって評価される部分を自分と思いたいけれど、自分のことはなかなかわからないタイプ

 

肉体(子宮)にあるテーマは、

肉体(子宮)には、低い自己価値、嫉妬、孤独感、がたまりやすい、それがピークを越えると周囲を拒絶して奮闘しやすくなります

体にエネルギーを溜め込みやすく、本当の自分らしさを生きることも体にテーマがあります。

生まれる前に設定された魂のタイプは、設定されたエネルギーのタイプを通じて『体験』することだけに意図されており、そこからエネルギーが創り出すコアアトラクション・良い悪いの条件付けを超えて無条件の愛を創り出すために明かされています。

生まれる前に設定された魂のタイプは、設定されたエネルギーのタイプを通じて『体験』することだけに意図されています。 そこから体験した、良い悪い、過去未来、自分と他者という二元性の縛り、条件付けを持つ“個”を超えて、無条件の愛を創り出すことが意図されており、明かされています。